今実践で求められているインテリアコーディネーター

シェアする

インテリアコーディネーターに求められる絶対的スキルは、

営業力 と コミュニケーション能力 です。

デザイン力も、プレゼン力も、クロージング力も、もちろん必要です。それと同じくらい、もっとシンプルに必要なのは、「営業力」と「コミュニケーション能力」が備わっている人材であることです。

インテリアコーディネーターとして、たくさんの施主さん・オーナーさんと出会い、いろいろな物件提案と現場を見てきました。
いつも感じることは、アッ!と驚く素敵なインテリアを提案することよりも、顧客との関係性をしっかり築けるかどうかが、出来上がりを左右し、結果、顧客満足度につながるということです。

建築業界の中ではインテリアコーディネーターの立ち位置は曖昧で、働く環境は厳しいと言えます。インテリアコーディネーターがいなくても、空間が出来上がる現実がたくさんあるからです。
しかし、実際に顧客が求めているのは躯体の構造・間取り・機能性などのハード面と、仕上がりの家具・照明・カーテンなどインテリアのソフト面をともに補ってくれる環境です。

出会いから出来上がりまでの一連の流れの把握が出来、一番身近な感覚である、生活のしやすさ・動きやすさ・家具の使いやすさ・色の楽しさの共有ができる人材が必要だということです。

  • 顧客との人間関係をしっかり築くことが出来、顧客の心情を汲み取ることの出来る人材
  • 現場での業者間との円滑なやり取り・管理が出来る人材
  • 顧客にとっても、建築会社や工務店や販売元などにとって利益を生むことの出来る人材

デザインを提供するだけ、絵を描くだけ、商材を説明するだけのインテリアコーディネーターでは役不足です。
インテリアコーディネーターの活躍の場を増やすためにも、立ち位置を確立するためにも、「営業力」と「コミュニケーション能力」のある人材が、今後求められるインテリアコーディネーターでなのです。