頑張る主婦を応援! 主婦がインテリアコーディネーターになる方法

HOME > 資格取得のための勉強方法 > IC試験範囲別過去問題一覧

インテリアコーディネーター試験範囲別過去問題一覧 インテリア計画と技術の基礎知識

住宅構造

熱(属性・日射等)

湿気(湿度・結露)

空気(換気・通風)

音(遮音・吸音)

光(属性・採光等)

熱(属性・日射等)
単一材料で造った壁の厚さを、その材料の熱伝導率で割った値を、  という。第16回 平成10年度 

1. 熱伝導率   2. 熱抵抗   3. 熱貫流率   4. 熱損失係数 
・比重の大きい建築材料の熱伝導率は、一般に大きい値をとる。第17回 平成11年度
・壁面などの表面を流れる気流速度を増加させ、表面熱伝達率を向上させて、空気からの伝熱量を増やす。第11回 平成5年度
・内外温度差が1Kの時に、住宅全体を流れる単位時間当たりの熱量を床面積で割った値を省エネルギー法における  という。第13回 平成7年度

1. 熱伝導率   2. 熱損失係数   3. 熱貫流率
・建物の断熱性能を表す値として用いられる熱損失係数の計算には、換気による熱損失を含めない。 第17回 平成11年度
・断熱材の表面をアルミ箔で包んでいるのは、  による熱移動を遮断するためである。第13回 平成7年度

1. 伝導   2. 対流   3. 放射
・日射吸収率が低く、常温での放射率が高い材料は  である。第16回 平成10年度

1. 白色プラスター   2. アスファルト   3. 赤れんが   4. 磨いた黄銅
・窓面に入射する全日射量に対し、室内に入る熱量の比を  という。第13回 平成7年度 

1. 相当外気温度   2. 日射侵入率   3. 日射遮蔽係数

おすすめインテリアコーディネーター試験勉強ツール

おすすめ通信講座「生涯学習のユーキャン インテリアコーディネーター講座」の進め方

インテリアコーディネーター資格試験のためのおすすめする通信講座はU-CAN ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

独学や一人で勉強することが苦手な方おすすめサイト「いんてりあ図鑑」