頑張る主婦を応援! 主婦がインテリアコーディネーターになる方法

HOME > 資格取得のための勉強方法 > IC試験範囲別過去問題一覧

インテリアコーディネーター試験範囲別過去問題一覧 インテリア計画と技術の基礎知識

住宅構造

空間計画 各室計画 1

空間計画 各室計画 2

照明計画

彩色計画

設備設計(衛生・空調・電気・安全設備) 冷暖房設備
・空気を熱源とするヒートポンプ方式は、外気温が低くなると暖房時の効率が良くなるので、寒冷地の住宅に採用した。第12回 平成6年度
・夏期、水温が低い井戸水が自由に使える住宅だったので、水熱源のヒートポンプの方が空気熱源のヒートポンプより冷房時の効率が高くなると判断し提案した。第12回 平成6年度
・温水式床暖房は、立ち上がりの時間が短いので、間欠的な使用が考えられる住宅に採用した。第12回 平成6年度
・床暖房設備を大別すると、電気を利用する方法と温水を利用する方法の二つに分かれる。
 電気を利用する方法としては、ニクロム線を発熱体とするものと、 @ を発熱体とするものが一般的だが、後者の方が熱効率がよく、施工上厚みが小さくてすむので、マンションのリフォームなどには適している。
 温水による方法は、石油やガスを使いボイラー等で温水にするものが主であるが、 A と兼用するタイプもあり、住宅設備の B コスト低減につながっている。
 温水を循環させる部分は、パネル式ユニット部品として商品化されているものがあり、それは故障が少なく、万一故障しても容易に修理できるよう工夫されている。
 温水が循環するパイプには、主に C が使われてきたが、最近では接続が簡単にできる D が増加している。第15回 平成9年度

[@の語群]   1. カーボン      2. 木          3. プラスチック
[Aの語群]   1. ガスストーブ   2. 給湯設備      3. 石油ストーブ
[Bの語群]   1. イニシャル    2. ランニング      3. メンテナンス
[Cの語群]   1. 鉄管        2. アルミ管        3. 銅管
[Dの語群]   1. ビニル管      2. ポリエチレン管   3. ゴム管ア 
@
A
B
C
D
・半密閉型燃焼器具は、燃焼に必要な空気を屋外から直接取り入れる。第16回 平成10年度
・蓄熱システムを利用した空調設備は、年間熱負荷の低減を目的とする設備である。第16回 平成10年度
設備設計(衛生・空調・電気・安全設備) 換気設備
・換気のために、レンジフードの換気扇の排気風量に相応する  を、なるべく離れた場所に設ける。第16回 平成10年度
   
1. 排気口   2. 給気口   3. 点検口
・シロッコファンはプロペラファンに比べ、送風量は多いが空気圧が小さいので、厨房のガスレンジなどの局所換気に適している。第14回 平成8年度
・シロッコファンはプロペラファンに比べ、送風量は多いが空気圧が小さいので、厨房のガスレンジなどの局所換気に適している。第14回 平成8年度
・気密性が高い居間の換気不足を補うために、給気清浄フィルターで外気の汚れやゴミを除去した新鮮な空気を取り入れ、汚れた室内の空気を外に出す、給排気を並行して積極的に行える換気扇がある。第14回 平成8年度
・便所には人感センサー、洗面所には湿度センサー、浴室には結露センサー、そしてタバコの煙が発生しがちな居間には煙センサーというように、使用場所に適したセンサー付き換気扇がある。第14回 平成8年度
・給排気を強制的に行うと同時に、熱エネルギーのロスを少なくするため、取り入れる空気と排出する空気の温度差と湿度差を調整する、熱交換型換気扇があるが、換気扇を通じて部屋の内外の音が伝わりやすいため、普及が進まない。第14回 平成8年度
・床下換気扇は、建物の基礎部分の湿気を取り除き、土台や柱の腐朽などを防ぐために使用するもので、通常建物の北面基礎部分に床下の空気を排気するように取り付ける。第14回 平成8年度
・リビングルームの機械換気の方法としては、遠心力ファンの一つである静圧の高い @ 付天井埋め込み換気扇で、 A または角ダクトに、高速で室内の汚染空気を送るとよい。途中に空気の逆流を防ぐ B や、地域によっては防火ダンパを取り付け、音の流入や流出を防ぐには、消音ダクトをつけると良い。
 また、外壁面では、C やベントキャップで雨水や虫の侵入を防ぐようにする。外壁の防水層との取り合い部分は、雨水の浸入がないようにダクトの勾配を外に向けて下げ、 D を充分に行う必要がある。
 機械換気をする場合には、外気の給気も考慮し、外気清浄フィルターの付いた給気口や、給気専用扇などを設けると良い。第17回 平11年度

[@の語群]   1. シーリングファン   2. プロペラファン    3. シロッコファン
[Aの語群]   1. スパイラルダクト   2. 配線ダクト      3. ボイド管
[Bの語群]   1. トラップ         2. 逆風防止ダンパ   3. 分岐チャンバー
[Cの語群]   1. グリスフィルター   2. レンジフード      3. ウエザーカバー]
[Dの語群]   1. シール         2. 断熱          3. 絶縁 
@
A
B
C
D
・部屋の中央にある厨房で、外気に面していなかったので、プロペラファンでなく、シロッコファン式のレンジフードを採用した。第12回 平成6年度
・便所や厨房など、室内で汚染物質が発生すると考えられる部屋の換気に、第2種機械換気方式を採用した。第12回 平成6年度
・空調用換気扇などに多く使われている熱交換器は、排気と給気の間で熱交換を行う方式である。第16回 平成10年度
・一般に室内の酸素濃度が一定の数値(19%)を下回ると、ガスコンロなどの開放型燃焼器具の一酸化炭素発生量が急増する傾向がある。第16回 平成10年度

おすすめインテリアコーディネーター試験勉強ツール

おすすめ通信講座「生涯学習のユーキャン インテリアコーディネーター講座」の進め方

インテリアコーディネーター資格試験のためのおすすめする通信講座はU-CAN ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

独学や一人で勉強することが苦手な方おすすめサイト「いんてりあ図鑑」