頑張る主婦を応援! 主婦がインテリアコーディネーターになる方法

HOME > 資格取得のための勉強方法 > IC試験範囲別過去問題一覧

インテリアコーディネーター試験範囲別過去問題一覧 インテリア計画と技術の基礎知識

住宅構造

空間計画 各室計画

人間工学

モジュラーコーディネーション

インテリアの歴史 日本

インテリアの歴史 世界

空間計画 各室計画
・対面式のキッチンでは、調理台と食卓の高さをそろえて一体にすれば台上が広く使え便利である。その場合の高さは食卓の高さに合わせるのがよい。第15回 平成9年度
・キッチンの平面計画において、最も重要な役割を果たすシンク、レンジ、冷蔵庫を結ぶ動線を「ワークトライアングル」といい、この動線をバランスよく計画することが重要である。第15回 平成9年度
・家族5人が座るダイニングテーブルの大きさは、少なくとも @ くらいは必要である。ダイニングテーブルの高さは A 程度が一般的であり、また、ダイニング用のいすに腰掛けた成人のアイレベルの高さは B 前後になる。一方、リビングとしてセンタテーブルを囲み、3人掛ソファーと2人掛ソファーをL字配列とする場合に必要なスペースは、最低でも C くらいは欲しい。LD空間にはこれらの家具のほかに、テレビ、飾り戸棚などを置くので、全体の広さは少なくとも D は必要である。第14回 平成8年度
 
[@の語群]   1. 750×1200mm   2. 800×1500mm   3. 800×1800mm
[Aの語群]   1. 680〜720mm   2. 750〜770mm   3. 800〜820mm
[Bの語群]   1. 900〜1000mm   2. 1100〜1200mm   3. 1300〜1400mm
[Cの語群]   1. 1600×2500mm   2. 2100×2100mm   3. 2400×2700mm
[Dの語群]   1. 8m2   2. 14m2   3. 20m2
@
A
B
C
D
・造り付け収納の開閉方式では、アイレベルより上の部分や、奥行き30cm以下の部分については、引き出しを避け、開き戸や引き違い戸とするのがよい。第15回 平成9年度

・寝室のベッドの配置では、ヘッドボード側を窓の下に配置することは採光上からも好ましい。第15回 平成9年度

空間計画 リフォーム計画
・ 壁ひとつを隔て、多くの家族が住み分けているマンション(集合住宅)では、各住戸部分を所有する区分所有者が自由に改変できる部分は、その住戸内の @ に限られている。
  隣戸との境をなす躯体の壁を始め、大半の部分は所有者全員の共同所有物であって、 A とされ、個人が勝手に手を加えることは出来ない。区分所有法(第6条)によれば、「建築物の保存に有害な行為、その他建物の管理又は使用に関し、区分所有の共同の利益に反する行為をしてはならない。」という規定もある。
  なお個人で行えるリフォームの対象部分は下記の通りである。
@ 住戸内の天井、床及び壁で B を除く部分。(共同住宅標準管理規約<第7条>)
A 玄関扉の鍵及び内部 C 。(共同住宅標準管理規約<第7条>)
B ガス・水道・電気等の配管・配線は対象部分にある枝管・ D 。

[@の語群]   1. 仕上げ部分   2. 専有部分   3. インテリアエレメント
[Aの語群]   1. 共用部分   2. パブリック部分 3. 建築本体
[Bの語群]   1. バルコニー   2. 開口部建具   3. 躯体部分
[Cの語群]   1. 塗装部分   2. ノプ又はハンドル   3. ドアチェック
[Dの語群]   1. トラップ部分   2. メーター類   3. 枝線部分
@
A
B
C
D

おすすめインテリアコーディネーター試験勉強ツール

おすすめ通信講座「生涯学習のユーキャン インテリアコーディネーター講座」の進め方

インテリアコーディネーター資格試験のためのおすすめする通信講座はU-CAN ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

独学や一人で勉強することが苦手な方おすすめサイト「いんてりあ図鑑」