頑張る主婦を応援! 主婦がインテリアコーディネーターになる方法

実務経験前にできること

主婦がインテリアコーディネーター資格に合格してから

 晴れて念願のインテリアコーディネーターになれました。
では、資格を取得した後、主婦の立場の方はどうすればよいのでしょうか。

すぐに資格を生かした仕事に就くことが出来れば、こんなに有難いことはないのですが、子供がいたり、妊娠中だったりと主婦にはなかなかそうはいかないものです。

 実際私もそうでした。

今しかないと思って頑張って資格を取得したものの、すぐに社会復帰ができない状況の中、今何をすれば良いのかわからないというのが現実でした。

パートでの再就職を考えても、この業界の勤務形態は土日出勤が基本だし、勤務時間に関しても、お客様相手だとなかなか思うよういかないことが考えられました。

時間的に自由の利かない立場の主婦にとって、資格をしかした再就職というのは厳しいものでした。

主婦時代の私の職歴

 上の子が1才半頃から派遣で土日限定の短期の仕事をしていました。

電気屋さん。雑貨屋さん。中古車屋さん。ミンク屋さん。・・・などなど、職種はさまざまです。

 下の子が3才になる年に、園に入れたことをきっかけに、平日のパートの仕事をしていました。

当然、初めは住宅に携われる仕事を探しました。

私が理想とするインテリアコーディネーターの形は、お客様との出会いから、希望を聞き、形にし、最後の引き渡しまでのお手伝い・アドバイスをしたいというものです。

となると、ハウスメーカーに勤めることが一番の近道。・・・しかしやっぱりという感じなのですが、ハウスメーカーが求める勤務形態は、その時の私には無理でした。

子供が小さいうちは子供中心の生活をしたいと望んでいるものの、現実を直視すると少しやるさせい気持ちでいたのが本当のところです。

 とはいえ、時間があるのだから働きたい気持ちはあるので、まったく関係のない、PCを使った仕事を探しました。

入力の仕事。パン屋のWEB担当の仕事。

短期の仕事だったりと約1年くらい、資格に関係のない仕事をしました。しかし、やはりどうしてもやりきれない思いになってしまいました。

 少しでも関係のある職種と思い、分譲住宅もやっている不動産の会社の受付事務として働きました。

時間の融通の利く事務としての仕事なので、いくら住宅に関係する職種とはいえ、コーディネーター業には程遠く、子供が小さいうちは無理なんだなぁと半ば諦めかけていました。

不動産会社で働き始めて約半年頃、コーディネーターを土日限定で募集している家具屋さんと出会い、思っている形とは違うけれど、インテリアコーディネーターとして働けるこのチャンスに感謝して働くことにしました。

短時間でも、短勤務でも実務に携わることの大切さ

 資格を取得してから、約4年間インテリアコーディネーターとしての実務経験を積めずに過ごしました。

子供が小さいうちは子供中心の生活をしたいと望んでいるのだから仕方がないのですが、やはりもったいない時間でした。

自宅で出来る情報収集をすればいいと思ったり、勉強も続ければいいと思ったりもして、それなりの取り組みをしてきました。

しかし、実務経験に勝るものはありませんでした。実際に家具屋さんでのコーディネーター実務に就いて改めて思いました。

情報に敏感な職種だからこそ、実際にお客様を相手にして学ぶもの、実際の現場からしか得られないものがたくさんありました。

 短時間、短期間が作れないのが主婦です。それでも実務経験を積むことのできるチャンスがあるのであれば、逃してはいけないと思います。

自宅でできること

 とは言え、自宅で得るものがないわけではありません。いろいろなツールから、自分の興味のある分野だけでもいいので、情報は収集しておくべきです。

メディア

セミナー・展示会情報